>ホーム>事例紹介 (有)プラネット・コンサルティングネットワーク  
   
植栽技術
   ダムに沈む森を公園に移植


 国営吉野ヶ里歴史公園では、地域の自然資源を活用して、歴史公園にふさわしい森づくりに取り組んでいます。ダム開発が進んでいる嘉瀬川からダム湖に沈む森を地盤ごとユニットに分割して移植(生態移植)しています。
 公道を利用しての生態移植は、今回が初めての試みでした。移植できる森の選定、移植ルートの確保等、一つひとつ課題を乗り越えて移植が可能となりました。
 弊社は、この事業の企画から設計、調査に携わって森の育成の技術開発を行い、森づくりを推進し、地域の自然資源の保全・活用に取り組んでいます。


 

 

 

*このサイトに掲載の文章・写真等の無断転載を禁じます。
2009年3月5日 更新